Japan sea, East sea (Yomiuri article)

2019/01/18 讀賣新聞夕刊記事より 韓国が日本海の呼称に「東海」を併記するよう求めている問題を巡り、日本海の単独呼称が国際的に認知されている根拠のひとつである国際水路機関(IHO)の指針について、同機関が、改訂を望む韓国との協議を日本に要求していることがわかった。日本は併記につながりかねない改訂論議に消極的だったが、IHOは強い態度で迫っているといい、厳しい状況に追い込まれる恐れがある。 IHOは、世界の海洋名や境界などが記され、各国の海図作製の指針となる刊行物「大洋と海の境界」を出版している。外務省によると、1929年の初版から現行版(1953年作成)まで日本海の海域には Japan Sea と一貫して記載されている。 一方、韓国は92年に国連の会議で日本海の名称を批判し、呼称問題を国際社会に初めて提起。以後、「日本海は日本の植民地支配の結果広がった呼び名」などと主張し、当初は「東海」への改称を、近年は併記を訴え続けている。 日本は「日本海の名称は19世紀から国際的に使われており、韓国の主張に根拠はない」などと反論。2004年には、国連が日本の問い合わせに「日本海が標準的な名称」と回答した。 韓国は近年、指針が1953年から変わっていないことに着目し、改訂を求めるようになった。 IHOなどによると、2017年4月にIHO本部があるモナコでの総会で、指針の今後の取り扱いについて議論され、次回20年の総会でIHOが報告を行うことが決定。その一環として、IHO事務局は次回総会までに日韓両国と、韓国と同じく改訂を求める北朝鮮の計3国で非公式協議を行うよう求めた。 外交筋によると、日本は協議に消極的だったが、18年秋にIHO事務局が「協議に応じなければ、改訂だけでなく、廃止も検討する」と、強い調子で対応を求めたという。このため、日本政府は協議に応じる方向で調整しているとみられる。 IHOのマティアス・ヨナス事務局長は、読売新聞の取材に秘書を通じて回答。関係国に非公式協議を行うよう働きかけていることを認めた。次回総会では自らがこの件の報告を行う意向も明らかにしたが、「敏感な問題であり、次回総会まで一切の声明を発表するつもりはない」としている。 https://yomiuri-publication-network.cdn.ampproject.org/v/s/yomiuri.publication.network/amp/48f3a4e4e82be1dcdd6fa2cbc78bd44b8840bdad681e7e8b68413e0075a4fabb?amp_js_v=a2&amp_gsa=1&usqp=mq331AQCCAE%3D#referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&amp_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s   Advertisements

2019年MTB初ころび

本年初のMTB山行は、ウォーミングアップを兼ねて阿須丘陵の七国峠へ。前日に東京都心で雪が散らついたので、飯能のほうは雪が残っているかと思ったが、暖かな陽ざしに恵まれ風もなく、のどかな半日だった。 同行者Hにビデオを撮ってもらった。2014年MTBを勧めたのも彼だったし、山行はいつも二人だ。Hはことし70歳になるが、2年前から80年代初めの自転車世界周遊記をブログに投稿している。 スピードが出すぎたのか、最後に派手に転倒してしまった。Hに動画を撮ってもらうと、いつも転倒する。あとで気づいたことだが、愚かなことに、この動画のときはサスペンションをONにしていなかった。  

非現実的な、あまりに非現実的な韓国ドラマ(4)

「非現実的な、あまりに非現実的な韓国ドラマ(1)(2)(3)」にも書いたとおり、韓国ドラマの欠点は次のようなものだと考える。これらの欠点を長所として捉える人もいるだろう。いずれにしても、僕の個人的な考えにすぎない。 韓国ドラマの欠点と思われるもの リアリズムの欠如、現実に迫ろうとする意識が不足しているのではないか。韓国の視聴者にはリアルな描写に映るのだろうか。あるいは、僕の個人的な見方の問題だろうか。 心理描写、性格描写の不足。定型化された人間類型が有効な時代もあったと思うが(たとえば10年前)、時代が変わり、国や地域を越えてどこまで通用するのか。韓国ドラマに普遍性を求めなくてもよいのだが。 登場人物がすべて絡み関係し合う人間関係の希薄さといい加減さ。ストーリーが閉鎖的で矮小化していると考える。だから、おもしろくない。 小説にせよ、ドラマにせよ登場人物の関係がそのストーリーのなかで完結するのはいい。ただ、その前提として、登場人物の性格描写や時代設定、場面設定が「現実的」に緻密に行われる必要があると考える。それが不足している、ということだ。 偶然、すれ違い、悪事の連鎖が続くこじつけに近いプロット。それがもたらす現実との乖離。韓国ドラマの世界でしか通用しない現実感覚。この場合も「現実性」の吟味が求められるのではないだろうか。 これらすべてに共通する非現実感(現実の軽視)、人間観察の浅薄さが韓国ドラマの質に限界をもたらしていると考える。 やゝ辛辣かもしれないが、おおかた正鵠を得ているかと思う。ただ、上の解釈だと、かつて世界的な広がりを持った韓国ドラマの普遍性が奈辺にあったのか、説明できない。たとえば、10年前には創造性があって、現在は失ってしまったとか。 ここでドラマの枠外に出て、ドラマの供給者である脚本家や制作者と受容者である視聴者の関係について考えてみたい。当然ながら、僕は視聴者の立場で考える。 制作者と視聴者の関係 供給者は視聴者を感動させようとか、あるテーマについて掘り下げようという考えをあまり持っていないようだ。 テーマがあっても問題提起に終わっている。視聴率のためだけに制作しているようにみえる。 小手先の悪知恵を絞り出して、これでもかこれでもか、と悪玉が悪事を企て嘘を重ねていく。 ドラマの供給者は視聴者を愚弄しているのではないか、そうとしか考えられない。 エンターテイメント性が豊かともいえるが、その制作姿勢に人間社会に迫ろうとする真摯な誠実さがあるようにはみえない。 ドラマとはいえ、真摯に生きようとしている人を子ども騙しの悪知恵で翻弄してはいけない、というのが、やゝ古めかしい僕のドラマ観である。

非現実的な、あまりに非現実的な韓国ドラマ(3)

ここで、韓国ドラマのプロットを構成する要素と場面設定について、一日本人視聴者の立場で整理してみよう。 プロットをつなぐ要素 衝撃的な事実を知って愕然とし、ショックのあまり呆然と歩く人物が交通事故に遭う。あるいは、好きな女性が夢遊病者のように道路を渡ろうとするのを偶然見かけ、助けようとした男性が交通事故に遭う。 悩み事や怒りに駆られ、猛スピードで運転して事故に遭うこともある。感情の起伏を乱暴な運転で表現する人が多い。 偶然を装った交通事故、事故を装った殺人も多い。交通事故が原因で記憶を失ったり、ぶつかった衝撃で記憶を回復することさえある。 自分の思いどおりにならないとき、怒りを表現するのに身の回りにあるものを投げ飛ばす人が多い。男性はデスクに置かれたファイル・電話機などを手で掃くようにして床に投げつける。女性はサイドボードや鏡の前に置かれた化粧品類を一掃するように投げ散らす。 金銭的なトラブル、借金取りに追われる場面が少なくない。身内に一人は金銭がらみのトラブルを抱える者がいると思われるほどだ。借金を盾に、あるいは返済をめぐり、善悪双方がさまざまな奸計をめぐらす。 裕福な家庭には、必ずといっていいほど、親子あるいは兄弟姉妹の間の対立がある。親や祖父母の介在による政略結婚、それに反抗する子ども(大学生以上の成人だが)という図式が固定化している。相続をめぐるトラブルも少なくない。 権力者や金持ちによる邪魔者の拉致や監禁が多い。実行犯は権力者等に金で雇われて犯行に及ぶから、いわば仕事として行うので罪意識は稀薄だ。白昼堂々の拉致も少なくない。 すれ違う登場人物たち: 探している相手が身近なところにいて、すぐ会えそうな場面設定をしておきながら、なかなか会えない、会わせない。同じ場面で愛人や実の親子などが間近にいるのにすれ違う。視聴者をいらつかせるためかとさえ思う。 部屋の外にいてドア越し、または職場の便器に座って、偶々洗面所での話を聞く場面も多い。重要な話、人に聞かれたくない話を不用意に話す人が多い。古典演劇でよく使われる手法だが、あまり多く使われると陳腐である。 重要書類や通帳等を他人に見つかりやすい所に保管し、盗難に遭う。場所はタンスの引出し、クローゼットの奥など。書類は機密書類だったり、土地家屋の登記簿謄本だったり、発見者が探している人物の写真だったりする。ドラマの進行において、立ち聞きと同じ効果を持つ。 DNA鑑定による親子関係の確認が頻繁に出てくる。歯ブラシやクシなど検査対象物の差し替えが簡単に行われ、鑑定書が偽造されることも多い。親子関係が疑われる家族内の人間関係と彼らの間の確執がある。 酩酊状態の男性が女性とベッドインし、女性を妊娠させることが多い。男性は記憶していないが、状況証拠を突き付けられて認める。ほかの男性の子であることも多い。 困ったとき、特に恋愛と結婚関係等のもつれから韓国内にいずらくなると、一様にアメリカやヨーロッパに逃亡する。数年後にその外国逃亡者が帰国し、一波乱生じる。 場面設定の類型化 高所得者層の住宅と低所得者層の舞台設定が、それぞれ類型化されていて、ほとんど同じなのも不思議だ。まるで、歌舞伎の大道具のように、どのドラマの設営も類似し、定型化している。 職場(人間関係を浮き彫りにするための道具または背景として利用される): 多くの場合、経営者の御曹子が登場して理不尽な手法で善玉の反対勢力を粛清しようとする。… Read more 非現実的な、あまりに非現実的な韓国ドラマ(3)

韓国映画 Keys to the Heart

久しぶりに韓国映画をみた、そして大いに泣いた。映画の原題は Keys to the Heart; 韓日台中で 그것만이 내 세상; それだけが、僕の世界; 媽寳兄弟; 那才是我的世界。映画の内容にふさわしいのは、Keys to the Heart だろう。 なぜ、あんなに泪が出たのだろう。障害者で天才ピアニストのテジン(弟)の純真さだろうか。若いころ夫のDVに耐えられずに子どもを置いて家出し、いま晩年を迎えてガンで死の淵にある母親の生きざまだろうか。彼女のテジンに対するひたむきな愛情だろうか。 母親が働いている食堂に偶然現れたジョハ(兄)は、嫌っていた彼女と数十年ぶりに再会する。彼女に乞われ、無料で寝場所を得られるからという理由で、テジンとゝもに暮らすようになったジョハ(兄)。彼にテジンを託そうとする彼女は、弟に対する盲目的な愛情のあまり、何かにつけて悪態をついてジョハを傷つけてしまう。 ピアノを弾くなど男のする仕事でないと考えるジョハは、クラシック音楽とは縁もゆかりもない世界にいる。だから、弟にも彼と同じようにちらし配りの仕事をさせる。だが、弟はまともにちらしを配ることができない。そんな弟が、街中にあるピアノを弾いて人を集め、少なからぬ金を得たことに驚き、弟の才能を認めて、いつしか弟をかばうようになるジョハ。 最後、ジョハは少年の彼を捨てた母親の愛情を認め、服役中の父親に面会する。粗暴な彼に向かって、出所後に母親を訪ねるなと訴え、訪ねたら少年のころ殴られた分を殴り続ける、と怒鳴りつけるジョハの哀しさだろうか。… Read more 韓国映画 Keys to the Heart

新春浅草歌舞伎と岡本綺堂

新春浅草歌舞伎をみた。演目は寿曽我対面、番町皿屋敷 、乗合船恵方萬歳だった。このなかでもっとも印象に残ったのは番町皿屋敷だ。 青山の旗本である播磨は独身だが、叔母の進める縁談に興味を示さない。密かに腰元のお菊とねんごろな関係にあるからだ。 そのお菊が、播磨の家に伝わる高麗青磁の皿をわざと割って播磨の自分に対する気持ちを確かめようとする。それを知った播磨は自分の一途な愛を疑われたことが許せず、お菊を殺めてしまう。 皿屋敷にまつわる民間伝承は各地にあり、歌舞伎でも古くから演目に入っているようだ。僕がみたのは、新歌舞伎の作者で小説家の岡本綺堂(1872-1939)が著したもので、播磨とお菊の恋愛関係に基づく皿屋敷の新解釈ともいえそうだ。彼自身、吉原の芸妓だった女性を身請けして結婚したという。 初演は本郷座で1916(大正2)年とあるから、日露戦争終結から11年、大日本帝国による大韓帝国併合から6年、進行中の第一次大戦(1914-18)、石川啄木が「時代閉塞の現状」に描いた状況のなかで岡本綺堂が創作した番町皿屋敷の主題はいったい何だったのだろうか。

箱根駅伝に思う

箱根駅伝は1920年に始まったそうだ。愚かな戦争を挟んで約百年続いている。いまや、正月になくてはならない恒例の行事になった。僕も毎年、テレビでみて応援している。 走者ならびに関係者のご尽力に深い敬意を抱きつつ、以下の文章をつづる。→箱根駅伝の簡単な歴史 ずっと気になっていることがある。中継車や監督・報道関係者を乗せたクルマが多過ぎるように思うのだ。長い歴史を有すればこそ、伝統に重きを置くあまり、既存の枠組みから脱することがむずかしいだろうが、一度見直してはいかがだろうか。 たとえば、伴走車の主たる機能は監督が走者に伝える指示であり、激励だろう。だとしたら、伴走車を走らせる必要はない。走者に超小型のデバイスを付け、監督とつなぐだけで十分ではないか。 こういうことを言うと、必ず既存の制作運営者ないし監督を含む人々、あるいは支援者から反対の声があがる。新たなスポンサーから熱烈な支持を得ると同時に、見返りとして、たとえばクルマに代わるスポンサーとして参入の申し入れがあるだろう。 ただ、クルマの台数が減ってすっきりした大会になるだろうが、それだけが最善かどうかはわからない。ここで必要なのは、クルマの台数を減らすことではない。応援者を含む大会を支える思想であり、その確たる基盤を持たない企業や支援者は時代のトレンドに流される。 それを考え提供できる者は誰か。既存の枠組みに囚われない新しい発想と支援基盤の持ち主である。そんなことを考えながら、ことしも箱根駅伝をみる。一方で、走者は孤独であるべきだとも考える。