韓国映画 기생충 Parasite

久しぶりに韓国映画を見た、기생충[寄生虫] Parasite だ(邦題: パラサイト半地下の家族)。 https://youtu.be/PhPROyE0OaM 全編に緊張感があって興味尽きなかった。格差社会に対する痛烈な批判として解釈したが、多くのことを考えさせられる作品だ。 最後に流れた歌が70年代の韓国フォークソングを思い出させた。たとえば 양병집 の 서울하늘 だ。Seoul Sky 1 https://g.co/kgs/bAXYoP

短編小説として編集

30年ほど前から書きためた文章の一部をまとめて小説にしようと思ったが、なかなかまとまらない。そこで、比較的最近書いた短い文章を短編小説として再編集し、タイトルを付けた。読み直すと、これらを書いた動機と理由の一端が理解できるような気がした。 https://oguriq.wordpress.com/

中村哲: 西日本新聞より

西日本新聞の連載記事「中村哲という生き方」(2020年1月1/3/4日)より引用: 誰もが行きたがらぬところへ ニホンオオカミと呼ばれ 「ナカムラ学校」魂、脈々と

幼児期の景色の記憶

特定の景色に格別心を引かれる理由は幼児期の景色の記憶の断片で、それに対する郷愁ではないだろうか。たとえば、先日、奥多摩の金比羅尾根をMTBで走っていて、ひときわ引かれる光景があった。思わず自転車を止め、写真(↓)に収めた。 中学生のころ絵が好きで、好んでこういう山道を水彩画で描いた。そうだ、僕は東京の本郷で生まれ、半年後には父の転勤で岡山県和気郡の山あいにあった鉱山町に連れていかれ、5歳になるまで過ごした。そこを離れるとき、汽車の汽笛が谷合に響きわたった。その鋭い高音をいまも鮮やかに記憶している、あるいはそう思い込んでいる。

うず高く積まれた書籍の山

東京駅丸の内南口にある丸善を入ったところに積まれた文藝春秋発行の『反日種族主義*』。その書籍の山に思わず見入ってしまった。が、手には取ろうとは思わない。*原書タイトル: 반일 종족주의(反日種族主義)

偉人中村哲

中村哲(1946-2019)、こういう人を偉人というのだろう。僕など足元にも及ばない。彼の遺稿ともいうべき考察「大旱魃に襲われるアフガニスタン: 気候変動が地域と生活を破壊している: 気候変動が地域と生活を破壊している」(「世界」2020年2月号掲載)がある。一気に読んだ。 NHK国際放送で放映された映像も心を揺さぶるものだ。