Gould, Casals, and Landowska

Glenn Gould が演奏した J. S. Bach Partita 全曲入り CD 2枚をJLに譲った。僕が最も多く聴いた音楽のひとつだ。

Pablo Casals が発見した J. S. Bach Unaccompanied violincello が20から30歳代の僕にとってよく行くお気に入りの場所だったとすれば、Gould のピアノは40歳代後半から50歳代にかけて行きつけだったろうか。これらの曲を聴くと気持ちが静まった。

高校生から20歳代前半にかけて Wanda Landowska のハープシコード曲をよく聴いた。ほとんどバッハだった。要するに、僕はバッハの器楽曲が好きなのだ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s