御嶽山の噴火

1ヵ月前に登った木曾御嶽が噴火したという。やはり御嶽山は活きているのだ。写真は王滝奥の院からみた光景。下山途中に立ち寄ったが、岩肌だけのまさに地獄谷だった。細い水蒸気が音を立てて噴き出していた(2014/08/23)

DSCN3165

今回の噴火で40人近い人びとが亡くなった。僕らが爆発に遭遇する可能性がまったくなかったわけではない。そう考えると、そら恐ろしい。

2014/08/24: 御嶽山のふもと、黒沢と王滝に合わせて3万以上の霊神場がある。その一角に岳父のそれがある。ここに彼の霊があると思われている。墓所は別の寺にあるようだが、僕は霊神場がいい。 年齢のせいか、最近ときどき墓所について考える。

一般的な墓石の置かれた墓地は窮屈で厭だし、20歳代から散骨を考えていた。はじめは、好きな奥多摩山塊のふもと、多摩川の上流あたりを想定していたが、しだいに拘りがなくなった。いまは海がいい、館山沖の外海がいいと考えている。

4/10/01: 噴火から4日、被災の深刻さが日が経つにつれて伝わってくる。死亡した人の多くが噴石に当たって死んだらしい。1ヵ月前に娘と二人で奥の院から地獄谷を経て見た細い噴煙。その勢いと蒸気が噴き出す音の凄まじさに驚いていたのが、ついきのうのことのようだ。

2014/10/02: 剣が峰から八丁ダルミ、9合目から山頂あたりで亡くなった登山者の数が50人に迫りつつある。1ヵ月前に噴火が起こっていたら僕らは死んでいただろう。そう思うとそら恐ろしい。王滝奥の院から見た水蒸気を噴き出す音は凄まじかった。あの噴煙の大規模なものが爆発したのだろう。想像しただけで恐怖に取り憑かれるようだ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s