人生なるもの

21歳から23歳にかけて神保町の本屋で同僚だった友人に数ヵ月ぶりに連絡したところ、最近、大腸ガンの手術を受けたという。電話で明るく装っていた分、衝撃が大きかったに違いない。

友人が病気になったり亡くなった話しを聞くたびに、お前も覚悟しろよ、と言われているように感じる。これからそういう機会がふえるだろう。どんな奴も死から逃れることはないから公平でいいのだが、不安ではある。覚悟するしかない。畢竟、僕らは他の生物と同じように生ある限り生き続けるしかないのだ。それでいいではないか。

下の写真はプサンのカトリック共同墓地にあった閔甲完(1897-1968)の墓碑の裏面だ。彼女の来歴を記しているが、この墓地も石碑も今はもうない。 道路工事のために、移転を余儀なくさせられたのだ。image

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s